ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  白血病の娘の治療費を工面するため二人の息子を売りに出す父

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白血病の娘の治療費を工面するため二人の息子を売りに出す父

中国は一人しか子供を産めないんじゃないかって。もともと強引な政策ですからね。金持ち(罰金なんて恐くない)や背に腹を代えられない農民(老後の生活保障のため息子が必要)は産んでます。

後者の場合は罰金を避けるため出産届を出さないケースが多く、人口は「公式発表+α」となり、その実数は神のみぞ知る永遠の謎となる訳です。
それはさておき、医療の産業化のため医療費が法外な価格に跳ね上がり、数多くの医療悲話を生んでいる中国。白血病はその中でも報道されるケースの多いホットなネタです。

白血病ネタが多いのは白血病の治療が長期にわたり且つ高額なためです。化学療法が高額なんですね。医療保険体制が整っていないので、保険の無い大多数の人民はにとってそれこそ底なし沼に金を捨てるようなものです。農民だったら生涯収入があっさり消えてしまいます。

で、ここにもそんな不幸な家族が……

ごく普通の農家の5歳の娘が白血病に。家財はあっさりと消え、基金や個人からの寄付で何とか食いつないでいる状態。幸いなことに骨髄のドナーは見つかったのですが、肝心の手術資金が足りないそうです……どこまでいっても「金・金・金」

そして父が最後の手段として思いついたのが


息子(二人)の売却 ※注:もちろん違法


児童売買が絶えない中国。特に男の子は高く売れます。農村では老後の生活保障のため男の子の存在が必須だからです。逆に言えばそんな大切な男の子を売り渡して嫁いだらそれまでの娘を助けようとしている訳です……

父母の愛は偉大です。政府は腐ってます……


参照元(中国語):
http://news.163.com/06/0216/07/2A2LOBRE0001122B.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。