ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:街頭宣伝「同性愛はやめましょう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:街頭宣伝「同性愛はやめましょう」

保守的な社会の中で長く否定されてきた「同性愛」。開放政策の中「同性愛」に対しての認識も寛容化が進み、21世紀に入って公式に「疾病」指定から外されました。5年前までは公的に病気扱いだったんですね。
でも社会の変化についていけない人がいるのはどの国でも同じ。人民の中には「同性愛」=「変態」という発想の人も多いのが現状です。

それはそれでしょうがないのですが、中国の特徴は公的機関の職員がそういった敏感な問題に対して細かい配慮をしないこと。でどうなるのかというと、街頭の宣伝欄(※注:日本で言う政府広告欄みたいなもの。政治的宣伝が大好きな中国ではそこら中にあります。)にデカデカと……


「同性愛はやめましょう」


というスローガンを載せてしまいます。

そのスローガンの下には小さな文字でご丁寧に

「同性愛は心理的変態の行為であり、またそれを体現したもので、社会文明に合致しないので、制止し、反対しなければいけません。」

と添え書きまでされていたとか。その筋の人が見たら悲しむでしょうね……

ちなみに、このスローガンには同性愛者からのクレームが殺到し、程なく撤去されています。

参照元(中国語):
http://news.163.com/06/0224/00/2AMGBCDK0001122B.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。