ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国の骨髄泥棒

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の骨髄泥棒

治安が悪化している中国ですが、中国では「骨髄」までも盗難の対象になるようです。

ちなみにここでお話しする「骨髄」は冷凍物ではございません。正真正銘のナマモノ。人体の中にあるやつです。

どうやって盗むのかって?そりゃあもう……
注射針でプスッと


やっちゃうんです。

もちろんスリのように街頭で抜き取る訳にはいきません。病院で全身麻酔がかかっている患者からコッソリと抜き取ります。

問題が明るみに出たのは瀋陽のある大病院。交通事故で重傷を負った女性が手術のため全身麻酔を施されるのですが、その隙を突いてプスッとやっちゃったそうなんです。

もちろん事前に了解なんて得ていません。そんな暇があるのならとっとと手術を行うのがスジというものでしょう。急患なんですから。

怪しんだ患者が後に真相を究明していきます。犯人はもちろん医師、病院ぐるみの犯罪です。すったもんだの挙句病院側は示談で終わらせようとしましたが、患者側は拒否。遂にはマスコミを通じて天下に晒されることとなりました。

ちなみに骨髄の用途は研究用に使っているんだそうです。多少骨髄を抜いても生命に影響はありませんが、交通事故の急患から黙って抜き取るのはいかがなものかと。

参照元(中国語):
http://news.163.com/06/0224/02/2AMNFO6O0001122E.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。