ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  北京:百万元のハイテク「痰吐き」摘発車

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京:百万元のハイテク「痰吐き」摘発車

北京五輪を2年後に控え、面子工作が本格化している北京(※例:「北京:たん吐きは罰金か清掃作業」)。今度は大枚を叩いて導入したハイテク反「痰吐き」指令車が北京の街頭にお目見えしました。
原理は簡単。街頭で痰吐き行為を録画し、証拠として痰を吐いた者に見せ付けます。罰則を加えようにも痰吐き行為を否認する者が後を絶たないという現状に対応するため投入されました。

指令車には3つのカメラが装備されていて、半径250M、355度監視できます。なぜに355度……

また夜間の痰吐き対策として赤外線撮影機能がついている他、衛星通信機能までついていて、録画内容を司令部に配信することまでできるそうです。

ただ運営コストが高額で、頻繁に出動させることはできないとか(笑)。高額なハコモノを購入するのが大好きな中国のお代官様らしい話です。

ちなみに中国のお代官様が高額なハコモノを好むのはリベートがおいしいから。また、政治的実績としてもカウントされるのでまさに一石二鳥。そんな訳で人民の血税を湯水のように使うのが中国のお代官様のスタンダードなのです。

もちろん民衆は不満タラタラ。今回も

「民を救う金は惜しむくせに民を懲罰する金には糸目をつけないのか。」

と反発する声が巻き上がっています。

面白い国です。

参照元(中国語):
http://news.163.com/06/0225/01/2AP58E3H0001122B.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。