ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国食品安全衛生事情(2)……「おしっこ/う○こ漬食品」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国食品安全衛生事情(2)……「おしっこ/う○こ漬食品」

 中国食品安全衛生事情(1)……「毒米」「毒ソーセージ」「毒醤油」の続編です。


※注:お食事中の閲覧はご遠慮ください。


 なお、繰り返しになりますが、ここで紹介するようなホラーな食品は日本へ輸出されることはまずありませんのでご安心を……(※関連ニュース:中国/ポジティブリスト対応 対日向け検査強化 日系食品各社(FujiSankei Business i.)

おしっこ漬のエビ



 海鮮物は鮮度が肝心。で、生きたエビの鮮度を保つには酸素ポンプで酸素を送り込む必要があるのですが、その費用をケチりたい小売商が編み出したのが


 水に尿を混ぜる


という裏技です。どうやって発見したんでしょうか???


判別法:ありません。_| ̄|○


関連ニュース:チンタオの食卓のエビはなんとおしっこ漬け(羊城晩報)



ウ○コ漬「臭豆腐」



 「臭豆腐」とは豆腐を発酵させて作った臭みのある豆腐食品で、広く食されている伝統的な食品です。日本の納豆みたいなものでしょうか。いわゆる大豆の発酵食品です。

 その最大の特徴はなんと言っても独特な匂い。名前のごとくそれはそれは「臭い」のです。

 この匂いは納豆と同じく発酵によるものなのですが、その臭いを増すべく豆腐を


 下水


に漬けて発酵させる業者がいるのはいただけません。中にはさらに改善を加える者もいるようで、すえた水に


 タニシ・腐った肉・ハエの死骸


を加えてウジがわくまで発酵させ、臭いが足りない場合はさらに


 少量のウ○コ水


加えて臭みを増しちゃうんだそうです。

 もうこれでも十分だと思うんですが、上には上がいるのはどこの世界でも同じ。ちょこちょこ手を加えるようなもどかしいマネはやめて、男らしくハナから


 豚のウ○コ漬


にして発酵させてしまうツワモノまでいます……


判別法:食べないようにしましょう。


関連ニュース:
下水で作る臭豆腐(人民網)
「囚われた」信任と栄誉(新京報)
江蘇食品市場の驚くべき内側:豚の糞便漬臭豆腐(金羊網)




 続きはまた後日……(T_T) …………




教訓:

 これら危険な食品から身を守るには「安物買いはしない」「露天の食品は食べない」が絶対の基本です。

 可能なかぎり自炊を心がけましょう。
スポンサーサイト
コメント
それって本当ですかあ?怖い世の中ですねぇ。。。v-12色付きの文字
>小鈴様

コメントありがとうございます。

情報元は中国のメジャーなメディアなので間違いはないと思います。

確かに怖いですね。
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。