ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国/中国人の良いところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国/中国人の良いところ

 最近日本においてイメージの悪化が著しい中国/中国人ですが、悪いところばかりクローズアップするのは不公平ということで、ここでは中国/中国人の良いところにスポットを当ててみたいと思います。

 ただし、中国は日本に比べいろいろな意味で国内格差が大きい国で、平均を取るのが非常に難しい社会です。都市部/農村部、学歴・地方格差等々、あまりに差が大きいので一つを取って中国の良し悪しを語るのは現実的でないのも確かです。ましてや「私の友人○○は……」なんて例を出したら如何様にでも曲げることができてしまいます。

 そこで、ここでは特定の地域や個人には拠らず、あくまで中国/中国人全般に見られるような現象に限って考えていきたいと思います。

 なお、ここで対象とするのは中国で大多数を占める漢族とします。また、私が日本人であることから、ここで列挙する「中国/中国人の良いところ」は基本的には日本人の視点から、となることをご容赦ください。

 まずは中国人の良いところ、優れた点から……

おおらか



 日本人みたいに細かいことは気にしません……というよりも、日本人が細かすぎるのかもしれませんね。

 遠くから見ると立派な建物や、一見すごくきれいだったりする内装も、目を凝らして見ると細かいところは結構いい加減。でも気にならないみたいです。

 まぁこのあたりが俗に「チャイナクオリティ」と呼ばれる詰めの甘い品質を生む原因ともなっているんですが……



はっきりと物を言う



 これも日本人が特殊なだけかもしれませんが、中国人はとにかくはっきりと物を言います。何かと「和」を尊ぶ日本人からは考えられないほど激しく衝突することもしばしば。それでいて結構さっぱりしていて後にひかないところは良いですね。口上の衝突についてはあまり根に持つことはないようです。昨日激しく口喧嘩してたのに今日はまるで何事もなかったのように……なんてこともあります。

 急速に国際化が進んでいる時代ですから、この精神は日本人も学んだ方が良いのではないでしょうか。



自己防衛意識



 歴史的に厳しい生存競争を迫られてきた(注:現在進行形)社会ですから、自己防衛意識は日本人よりずっと強いですね。「自分の身は自分で守る」ことをしっかりとわきまえています。権利主張もしっかりとしますし。



開放的



 排他性との対称の意味での開放性を持っています。日本人はどうしてもムラ社会を形成してしまう傾向がありますが、中国は歴史的に戦乱や災害による大規模な人口の流動や異民族の流入が度々発生してきたので、異なるものを受け入れやすいのでしょうね。



商売魂



 「13億総商人」とは言いませんが、商売に対しては日本人よりもずっと積極的で大胆です。大きなものに巻かれるのが好きな日本人と比較して中国人は独立心も旺盛、リスクを取ることも厭いません。

 そのためか無計画な事業計画を立てて開業数ヶ月で夜逃げなんていう話もよく聞きますが(笑)。



勤労精神



 日本人も勤労的なので実感は薄いかもしれませんが、中国人も世界標準から見れば明らかに勤労的でしょう。ただし、日本のように団体主義に基づいた勤労精神ではなく、あくまで個人の利益を前提とした勤労精神ではあります。



賢い



 日本人も賢い部類に入るとは思いますが、中国人は輪をかけて賢いです。ユダヤ人と双璧を成す、と考えていいでしょう。

 ただし、残念なのが中国人にとって最高の「智慧」とは西洋人が見るところのアインシュタインやニュートンのそれではなく、諸葛孔明のそれ、つまるところ「詐」です。

 最小限の労力で最大限の効果、現在の価値観で言えば金銭を得る、これが中国人の智慧の体現です。詐欺や海賊版が多いのもこのような文化が影響しているような気がします。



 以上、中国人の良い部分を思いつくまま綴ってみました。以下は中国社会のいいところ。



土日でも開いている銀行・病院



 銀行の個人向け業務、各種病院は土日も時間短縮することなく営業しています。このあたりは日本も見習うべきですね。一方で役所(特に田舎)は定時前なのに係員がいなくなったり、正月休みを勝手に延長したり、法定の休日でもないのに民間の祭日を勝手に休日扱いにしたりしますが……



豊富な農産物



 農産物は低価格で豊富です。さすがは農業国、と言ったところですが、最近は「賢い」中国人たちが売れやすくするために農産物にいろいろな手を加える(※参照:中国食品安全衛生事情ので安全な食品を選別するのがたいへんです。



料理



 健康的かどうかはともかくとして、料理は掛け値なしにうまいです。中国最大の発明は中華料理だと個人的に考えています。



終わりに:失われゆくもの



 この他にかつては「ゆったりしている(地方は今でもそんな感じですが)」「純真な」社会だったのですが、近年の行過ぎた拝金主義志向・市場競争激化のためか、社会全体が浮ついた感じ(日本もそうですが、それに輪をかけて)で、ギスギスしている感があります。

 高度経済成長の真っ只中にあり且つ貧富の格差が拡大し社会の階層化が進む中で、かつての良きものを保持するのは困難であることは重々承知していますが、やはり残念でもあります。



PS:この投稿は思いついたら追加していきます。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。