ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「処女膜代」はおいくら?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「処女膜代」はおいくら?

性観念の大開放期に突入したばかりの中国社会では「処女」は熱いテーマ。「交際=結婚」「お手つきされた中古品はキズモノ扱い」という伝統的観念と「一夜の恋」果ては「愛人万歳」という新しい観念が激しく衝突しています。
そんな中国で処女の象徴として崇められているのが「処女膜」。「処女の身」を取り戻すための処女膜修復手術がひそかなブームとなっています。処女までニセモノかよ……

そんな中国で突如芽生えた概念が……

処女膜代

です。

一般に強姦被害者(特に幼女の場合)が要求するのですが、治療行為中に誤って破ってしまった医者が訴えられたケースもあります。

そんな中国でここ数日の間に2件の処女膜代請求裁判の判決が。

一件は幼女強姦事件、もう一件は医者の過失事故で、補償額はそれぞれ2000元と5万元也。

相場がまだ確定していないようなのですが、死亡事故の補償金額が3万4万で済んでしまうこともあることを考えると、5万元というのは恐ろしく大きい金額です。

それはともかく、処女膜を修復したら処女扱いとなるのでしょうか?

かなり納得がいかないのですが……

参照元(中国語):
http://news.163.com/06/0319/20/2CJQLV7I0001122B.html
http://news.163.com/06/0321/11/2CO1P5IK0001122E.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。