ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:重金属汚染で食糧減産/淮河流域の水質合格率は28%

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:重金属汚染で食糧減産/淮河流域の水質合格率は28%


重金属汚染で食糧減産=被害年間1000万トン?中国

 24日付の中国紙・中国環境報は、有害な重金属による土壌の汚染が中国で深刻化しており、汚染がもたらす食糧減産が年間1000万トン余、直接的な損失額は200億元(約2900億円)に達していると伝えた。農業問題専門家の論文を掲載した。
 中国の昨年の食糧生産は約4億8000万トン。同国の食糧生産全体の2%程度が、重金属汚染で損なわれていることになる。

(引用:時事通信)


なんか徐々に人間が住めなくなっていくようでいやですねぇ。重金属かぁ……
水も汚れてる一方だし……



中国:淮河流域の水質合格率は28%にとどまる

 淮河流域水環境観測センターは2006年2月13?19日、淮河流域の省境46カ所と、淮河主流、大運河、頴河など主要河川の観測地点43カ所で行った水質検査の結果を発表、2006年2月の省境46カ所の水質合格率は1月より9.5ポイント減の28.3%となり、汚染が進んでいることを明らかにした。
(後略)(引用:nikkeibp.jp)


合格率28.3%って……

最近(といってもここ一ヶ月ですが……)大規模環境汚染事故の話は出ていませんが、日常の汚染垂れ流しがボディブローのように効いているんでしょうね。

なにせお隣さんの話です。私たちも他人事ではいられません。


でも…… はぁ


ため息しか出てきません……
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。