ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:環境事故:「ガス爆発」「鉛汚染」、そしてお偉いさんの「植樹大会」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:環境事故:「ガス爆発」「鉛汚染」、そしてお偉いさんの「植樹大会」


重慶でまた大規模なガス流出、水質汚染の情報も

 重慶市開県の天然ガス田で25日午前、大量のガスが漏れ出し、付近の住民約1万人が避難している。負傷者は出ていない模様だが、地元の行政当局は川の水を飲まないよう呼びかけている。26日付で中国新聞社などが伝えた。

 ガスが流出したのは、中国石油天然気集団系の会社が経営している天然ガス田「羅家2号」で、2003年12月にガス流出事故を起こした「羅家16号」と同じブロックにある。03年12月の事故では住民243人が死亡した。

 付近の住民は「午前5時(日本時間午前6時)頃にバンという大きな音がした」と話しており、中国紙の中には「大規模な爆発が起きた」と伝えるところもある。

 現場から1キロメートルほど離れたところにある川では濁った水柱が上がり、調査したところ、水からメタンが検出されたという。ただし、硫化水素は検出されなかった。
(後略)

(引用:中国情報局)


ここ一ヶ月ほど大規模環境事故を起こしていなかったのですが、またやっちゃいましたね。
それにしても、突然濁った水柱が上がったら誰でも焦りますわ。

この他にも

児童に深刻な鉛汚染=精錬工場周辺、中毒が多発?中国青海省(時事通信)

のような環境汚染ネタがまた続出してます。



(前略)

 地元関係者によると、同開発区の幼稚園、中学校でこのほど行われた血液検査では、対象者全員の鉛の量が基準値を上回り、最高で9倍に達した。付近の村で子供200人に行われた検査も結果は同様で、最高10倍の例も出た。子供の知力や発育に、深刻な影響が出ているという。

(引用:時事通信)


心が痛みます。

それはそれとしてこの突然の環境汚染報道攻勢、

「環境汚染に注目を集めろ」

というような通達が上の方から降ってきたのでしょうか。

北京にも黄砂が降ってきましたし。

北京:27日黄砂が襲来、外出避けるよう呼びかけ(中国情報局)

オリンピックが夏開催なのは救いでしたね。

黄砂と言えば植樹ですが、先日北京の部(日本の省に相当)クラスの高官180余名が仲良く北京郊外に植樹に出かけてます。

180余名の部長級高官が北京で義務植樹活動(網易新聞)

お偉いさん一人当たりに秘書、運転手がついてきますし、記者もぞろぞろとついてくる訳ですから、沿道は高級車勢ぞろいの大名行列みたいなことになってたんじゃないでしょうか。

環境を保護してるんだか破壊してるんだか……

ちなみにですが、中国には植樹用の苗木の根を煮てから客に売る苗木商人もいるそうです。なぜ煮るって?それは……


苗木を枯らせるため


でございます。

枯らしてどうするんだって?そうすれば


また買いに来るでしょ。


中華商人恐るべし………………
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。