ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国的建築:「竹筋コンクリート」秘話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国的建築:「竹筋コンクリート」秘話


耐震構造どころか… 中国で竹筋コンクリート 高層分譲住宅で露見

 【北京28日傍示文昭】耐震強度偽装どころか、鉄筋の代わりに竹を使用―。中国浙江省杭州市の高層分譲住宅で、鉄筋の代わりに竹の棒を使った欠陥工事が見つかった。施工した建設会社は「出稼ぎの農民労働者が鉄筋を使い切ってしまい勝手にやったことだ」と説明しているが、工事を監督する同市の建築担当当局は建物全体の安全検査を命じるなど、真相の究明に乗り出した。

 北京の大衆紙・北京晨報によると、住宅を購入した家主が今月8日、トイレを改装しようと壁を壊したところ、本来は梁(はり)の支えとしてコンクリート内に入れてあるはずの太さ12ミリの鉄筋2本の代わりに、長さ約1・3メートルと同約50センチの竹の棒2本が埋められていた。
(後略)
(引用:西日本新聞)


中国の建築物の安全性なんていい加減なものです。このネタはちょっと極端ですが、鉄筋の数が少なかったり壁が空洞だったりするのは日常茶飯事のことです。
もちろん竣工後当局による安全性検査はあるのですが、そんなものはカネでどうにでもなるのは言うまでもないこと、形式的なものでしかないことは公然の秘密だったりします。

一昔前流行語となった「豆腐カス工事」、最近この言葉はあまり聞かれなくなりましたが、次々と露見するマンションの手抜き工事報道を見ていると大きな改善があったようには思えません。

まぁ昔は築一年の橋が崩壊したなんて話があったことを考えると、大規模な公共事業についてはチェックが厳しくなっているのかもしれません。

それはともかく、



施工した建設会社は「出稼ぎの農民労働者が鉄筋を使い切ってしまい勝手にやったことだ」


毎度のごとく筋の通らない言い訳をするのは国民性でしょうか。

それにしても

「竹筋コンクリート」

ですか。

鉄筋の太さをごまかしていた日本の某建築師が小さく見えます。

この手の話では到底かないませんね……
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。