ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:「邦人が保護植物盗む」は事実無根=重慶市、地元報道を否定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:「邦人が保護植物盗む」は事実無根=重慶市、地元報道を否定


「邦人が保護植物盗む」は事実無根=重慶市、地元報道を否定?中国

 中国重慶市で希少な保護植物を採取したとして日本人1人が拘束され、国外追放処分となったとする報道について、重慶市外事弁公室は27日、「関係部門に照会したが、そうした事実はない」と重慶日本総領事館に連絡、事実無根であることを明らかにした。
(後略)
(引用:時事通信)


大センセーショナリズム時代の真っ只中にある中国のメディア世界において、日本(含日本人)ネタは話題を集めるための切り札と化している感があります。

腐敗ネタのように報復を受ける可能性もなく、商品の品質ネタのように損害訴訟沙汰に巻き込まれる心配もなく、猥褻強姦ネタばかり流して品性を問われることもない、売り上げ(或いは閲覧数)増加の打ち出の小槌みたいなものです。
新聞ですかこれですから掲示板なんて言わずと知れたもの。明らかに捏造された日本見聞録や日本人観察記も少なくありません。「日本人は韓国人を尊敬している。」なんて書かれてはさすがに空いた口が塞がらないというものです。

遠回りのように感じるかもしれませんが、現状を打破するにはやはりソフトコンテンツの輸出と民間レベルでの地道な交流を進めるほかにないような気がします。

ちなみに彼らが「日本人に韓国人を尊敬させたい」のは韓国流反日精神を中国に普及させたいから。あの精神は「選ばれた」民族にしか実践できないものであることを知らないんですね。

悲しいものです。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。