ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国産割りばし、対日輸出2008年にも停止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国産割りばし、対日輸出2008年にも停止


中国産割りばし、対日輸出2008年にも停止

 日本の割りばしの9割を占める中国製品が、輸入停止になる可能性が出てきた。日本の輸入業者によると、中国政府は同国製割りばしの対日輸出を 2008年にも停止する方針を固めた。森林資源の保護が目的としており、今後、段階的に対日輸出が減る見通し。スーパーやコンビニエンスストア、飲食店などに影響が出そうだ。
(後略)
(引用:NIKKEI NET)


中国政府は森林資源の保護に躍起となってますから、いつかは対日輸出を止めるだろうとは思っていましたが。
もともと森林資源の豊かな日本に砂漠化が進んでいる中国から割り箸を輸出していることに眉を顰める中国人も少なくありませんでした。

「日本は自国の森林を保護するために中国から割り箸を輸入しているのだ。」

と本気で思い込んでいる中国人は少なくありませんからね。

不正に樹木を伐採しまくって、低価格で捌いている同胞の存在まで頭が回らないのです。

それはさておき、先日の読売の社説ではありませんが、環境保護は日本一国で行えばよい問題ではないのですから、素人考えかもしれませんが、安易に別の国に割り箸の供給源を求めるのではなく、環境技術大国よろしく可分解性のプラスチック割り箸を開発する等の代替策は取れないものなのでしょうか。

中国でも売れますよ(笑)。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。