ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国在住者のためのBLOG講座(下)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国在住者のためのBLOG講座(下)

(上)から続く……

「中国語」を使いたい場合は……



 まずは「中国語を使いたいかどうか」でふるいをかけましょう。中国語を使うのならUTF-8エンコードのBLOGサービスから選択することとなります。

 UTF-8のBLOGサービスでメジャーなものと言えば何といってもエキサイトブログ。シンプルでわかりやすく(機能が少ないとも言いますが)、速度的にも軽快です。

 HTMLとCSSのカスタマイズも自由でおまけにサブドメイン型とかなりいい感じなのですが、アフィリエイトは全面禁止。また無料版の場合、画像は30Mまでとやる気を感じさせないスペックとなっています。

 UTF-8でアフィリエイト可能なBLOGサービスにAmebaブログがありますが、こちらはディレクトリ型で画像上限も20MとエキサイトBLOGの上を行くケチケチぶり、おまけに処理がかなり重いという欠点を抱えています。以前試しに使ってみたことがあるのですが、あまりの重さに閉口してクローズしてしまいました……

 そんな訳で「中国語」を前提とした場合は、残念ながらコレだ!というBLOGサービスは存在しません。アフィリエイトに興味がなければエキサイトBLOGで、画像の容量が足りなくなったら有料版にするか、あるいは画像だけ別のサービスを探すしかないでしょう。

 どうしてもアフィリエイトがやりたい、ということでしたら重さに目をつぶってAmebaブログとなりますが、アフィリエイトを重視する場合URLがディレクトリ型というのはちょっと痛いですね。

 上記以外で個人的に注目しているのがはてなダイアリー。アフィリエイトは有料のみ、しかもAdsenseとAmazon限定で、画像はわずか3Mなのですが、はてな自体が面白い会社なので、個人的にその将来に期待しています。



「カスタマイズ・機能面」を重視するなら……



 機能性ならSeesaa ブログFC2BLOGlivedoor ブログが御三家です。画像の容量も大きく、もちろんアフィリエイトもOK。HTML・CSSも弄り放題で、且つさまざまな機能がプラグインで提供されています。うちlivedoor ブログは無料版と有料版があり、無料版はディレクトリ型となります。

 純粋に無料を追求するならSeesaa ブログFC2BLOGですね。うちSeesaa ブログは独自ドメイン持ち込みもOKでおまけに一つのIDで複数のBLOGを管理できるなど非常に強力なのですが、痛いことにアク禁のため中国からつながらないという致命的な問題を抱えています。

 完全につながらないという訳ではなく、管理画面には入れるので投稿は可能なのですが、BLOG自体はプロキシなどを使わないと表示できませんし、そもそも管理画面自体もかなり重いです。

 一方FC2BLOGは「独自ドメイン持ち込み」「一つのIDで複数のBLOGを管理」することはできませんが、それ以外は問題なし、動作も軽快で管理画面も使いやすく、このBLOGもFC2で運用していることを見ていただければお分かりになると思いますが、個人的にはイチ押しのBLOGサービスです。



「アフィリエイト」を重視するなら……



 アフィリエイト重視なら基本的に検索に引っかかりやすいサブドメイン型で、デザインを自由に変更できるのがいいでしょう。個人的にはFC2BLOGがおすすめです。

 楽天アフィリエイトするなら楽天広場が有利ですが、楽天以外のアフィリエイトができないという欠点もあります。



「ユーザー層」を重視するなら……



 ある特定のテーマでBLOGを作るなら同じテーマのBLOGが多いBLOGサービスを選ぶのがいいでしょう。

 例えば、エキサイトブログには中国語をテーマとしたBLOGが集中しています。これは先にも述べたように、UTF-8をサポートしているBLOGサービスであることがその要因だと思われます。

 また、エキサイトブログには中国人ユーザも少なくないようです。中国語が使えるのに加え、ポータルサイトということで集客力が高く、結果として多少なりとも日本語がわかる中国人が集まっているのではないでしょうか。

 Seesaa ブログは反中系BLOGが際立って多いのが特徴です。このためにアク禁を食らったのかどうかはわかりませんが。



まとめ



 長くなったので簡単にまとめます。

 パソコンやインターネットに疎くて、アフィリエイトなんかに興味はなく、ただ日記が書けて写真をたくさん公開したいのならYahoo!ブログgooブログで、高機能を追及するならFC2BLOGがおすすめです。

 中国語をテーマとするならエキサイトブログ。アフィリエイトはできませんが。

 楽天アフィリエイトをしたいなら楽天広場かな、と思います。

 ただ単に現地の生活記をつづるだけでしたらどのBLOGサービスでも構いませんが、動作が軽いところを選択するのが無難です。重いのはストレスがかかります。

 その点楽天広場gooブログFC2BLOGは軽快でおすすめできます。



この記事がお役に立ちましたら……

人気blogランキング



付録:「アク禁」を考える



 現在Seesaa ブログがアクセス規制状態にありますが、中国在住のブロガーさんの記事を見ていると、「アク禁」という言葉が一人歩きしているのか、検閲に過剰に反応して自主規制に走っている方も少なくないようです。

 専門家ではないので技術的な話はできませんが、そもそもアクセス規制は中共支配を維持するために実施されているものなので、主な規制対象はは中国人、すなわち中国語が主要規制対象であるものと推測できます。英語に対する規制は中国語に比べずっと甘く、日本語を含めたその他の言語はそれよりさらに緩くなるものと思われますが、日本語は中国語と漢字を共有していることもあり、中国語の規制単語として日本語の単語が引っかかってしまうことはあり得るでしょう。

 したがって、通常日本語で文章を書いている場合は規制を心配する必要はないと思われますが、中共的にボツな単語を連発してしまうとフィルタリング発動の可能性が高くなります。特に日本語と中国語で同じ漢字を使用していたり、英単語を直接使用するような場合は注意が必要です。

 フィルタリングが発動された場合、当該のページを閲覧しようとするとサーバエラーとなり、場合によっては一時的に当該IPへの接続が遮断されます。日本語の場合はよほどのことがない限りBLOGサービスごと「アク禁」の対象になることはないと思われますが、中国語を使用できるBLOGサービスで危険な中国語ワードを連発したり、中共的にボツな文章を転載しまくるとBLOGサービスごとダメ出しを食らう可能性があるかもしれません。

 この他に注意した方がよいと思われるのは写真です。旅行や生活風景などの写真なら問題はありませんが、デモの写真や集団抗議・暴動現場の写真をアップするのは危険です。写真には言語の壁がないことをわきまえておいた方が良いでしょう。

 BLOGサービスごと「アク禁」の対象になるとこのBLOGサービスを利用している中国在住のブロガーとそのBLOGの訪問者に多大な影響を与えることとなります。微妙と思われるものはアク禁がかかっても迷惑にならないようなところ、例えばマイナーで利用者が少ない所や既に規制がかかっている所等で公開するなどの配慮を心がけたいものです。

 最後にですが、アク禁を食らっているBLOGやサイトを閲覧するにはプロキシや規制回避ソフトを使う必要があります。下記のBLOGで詳述されていますので別途ご参照ください。


我想説・・・:中国のネット規制をかいくぐる
我想説・・・:中国のネット規制をかいくぐる(その2)
中国のネット規制突破
上海からの雑文: 接続できないウェブサイトにつなげよう
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。