ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:社会主義国家なのになぜか労働者搾取が続く不思議な国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:社会主義国家なのになぜか労働者搾取が続く不思議な国

社会主義国家なのになぜか労働者搾取が続く不思議な国・中国。先日も中央のお偉い様が重視(中国情報局)という如何にも中国らしいニュースが流れていましたが、中央が反応するぐらいですから、かなり差し迫った状態のようです。そんな訳で……

工場労働者数千人がデモ=高官に直訴試みる?中国・深セン

 【香港4日時事】4日付の香港各紙によると、中国広東省深※で3日、香港系家具メーカーの工場労働者数千人が待遇改善を求めてデモを行った。労働者は直訴しようと、政府高官がよく利用する郊外の高級ホテルに向かったが、道路封鎖した数百人の警官隊に阻止された。深センには多数の日系企業が進出している。

(後略)
(引用:時事通信)


こんなニュースも流れてきています。


「政府高官がよく利用する郊外の高級ホテル」ですか……


それはさておき、先の「お偉い様重視」の記事の中に


深セン:労働者搾取が問題に、中央政府高官も重視

(前略)

  調査チームによると、アパレルメーカーの深セン千禧制衣廠では、長期にわたり給料の欠配や遅配が続いていた。残業代は1時間当たり0.4元で、法で定められた金額の10分の1。しかも、従業員に月平均で160時間以上、最長で230時間の残業を強要していた。

  同社は2000人以上いる従業員のうち、2人を除いて養老保険や医療保険などに加入させていなかった。また、度重なる調査の要求を拒否しつづけ、その一方で虚偽の資料を提出。さらに、内部の事情をもらさぬように従業員を威嚇していた。

  調査チームは、「類似のケースは、他にも幾つか存在する」と説明している。

(後略)

(引用:中国情報局)


と実例が挙げられていましたが、月230時間残業というのはすごいですね。計算したくもありませんが、週休一日(おそらく週一日の休みもないのでしょうが……)で計算したとして1日9時間残業ですから、その搾取ぶりは言わずと知れたものがあります。

これに関連しますが、最近ネットでは

「中国の経済成長は出稼ぎ労働者の犠牲の上に築かれてきたものだ」

という認識が広まりつつあります。多少誇張もありますが、大きく間違っていないのも悲しい現実です。ここ数年さまざまな数字を通してこの事実が徐々に公にされるようになり、持たざる者たちの怒りが徐々に蓄積されています。

そんな訳で中央のお偉い様もさすがに

「やばい」

と感じるようになってきたんでしょうね。

いつまでも出稼ぎ労働者の血を吸い続ける訳にはいかないのはお偉い様たちもわかっているでしょうから。現場の資本家はたぶんわかっていませんが……

これから数年が中国経済にとって勝負の時となるのではないでしょうか。

ちなみにですが、



調査チームは、「類似のケースは、他にも幾つか存在する」と説明している。





「類似のケースは、他に幾つも存在する」


の間違いです。念のため。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。