ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:白タクが正タクを駆逐する……やっぱり党幹部ですか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:白タクが正タクを駆逐する……やっぱり党幹部ですか

改革開放当初は華の高給取りであったタクシー運転手。しかしながら経済発展と反比例するように給料も減少、今や一労働者に過ぎません。

一日12時間車を走らせても収入は2000元そこそこ(これは地域にもよります)、出稼ぎ農民の中には月収が1500元を越す者もでてきていることを考えると、タクシー運転手も今は昔……と言ったところでしょうか。
特に最近は原油暴騰によるガソリン価格の上昇に苦しめられるなど、いい話がまったく聞かれなくなっています。

そんなタクシーの運ちゃんが眉をひそめるのが白タク。利益が大きかった時代はともかく、薄利多売となっている現在ではタクシー管理会社へ上納金を収める必要ない白タクの競争力は正規タクシーをはるかに上回ります。

ちなみにこの上納金もタクシーの運ちゃんを苦しめる大きな要因となっています。弱い者へしわ寄せが行くのは中国の基本です。

もちろん白タクの取り締まりは行われているのですが、そこは中国、コネとカネで摘発を免れることができるのは言うまでもないところでしょう。

地方によってはお代官様が白タクの元締めになっているようなところもあり、正規のタクシーが次々と廃業に追い込まれるような事態にも発展しています。

早い話、党幹部なんです。いろいろな意味で。この国は。

参照元(中国語):
http://news.163.com/05/1101/10/21FEF8VI0001122B.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。