ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:金がない……生きたまま葬儀場に送られる病人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:金がない……生きたまま葬儀場に送られる病人

高騰する医療費。今や庶民の仇となりつつある病院と医師。医療費の高騰は制度的不備によるところも大きく、冤罪を訴える医療関係者も少なくないのですが、こんなショッキングな話ばかりがマスコミで流されては、医療関係者の叫びが空虚なものとなっていくのは無理もないのかもしれません……
……

脳出血で倒れた46歳になる出稼ぎ労働者の女性。家族が駆けつけますが、一日で数か月分の給料が吹き飛ぶという非常識な医療費を前に、苦渋の決断を迫られます。

治療を放棄した家族。命の灯火が今にも消えようとしている一家の母を出稼ぎ先で借りている借家に運びますが、ここで大家が登場。病人を中に入れようとしないのです。

曰く

「死人が出るのは不吉だ」

とかなんとか(※)……

田舎の実家まで運ぶのは不可能。金がないので病院もダメ。そこで父が下した決断が……


「葬儀場へ運べ」


でした……

生きたまま葬儀場につれてこられた母。まだ動いている体を目にしていたたまれなくなった葬儀場の職員その他この場に居合わせた人たちがカンパし、病院に送り返されました。


生きたまま葬儀場へ……理由は医療費……庶民の不満が高まるのも無理はないというものでしょう……





(※)このあたり日本はどうなんでしょう。自殺は厭いますが、病死はどうなのかなぁ。


参照元(中国語):
http://news.163.com/05/1101/12/21FN9DDQ0001122B.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。