ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:骨髄バンクドナー登録でも腐敗ですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:骨髄バンクドナー登録でも腐敗ですか?

中国でも骨髄移植のドナー探しは一大事。人口は多くても意識に乏しいのは日本も中国も同じ……であるばかりではなく「骨髄を提供したら障害が残る」「命を失う」という誤解が強く、せっかくタイプが合致したのにいざとなるとドナー登録者に提供を拒否されたなんていう話も少なくありません。拒否するならはじめから登録なんかするな、という気もするのですが……

そんな逆風の中で奮闘する中国版骨髄バンク機構。各地で宣伝を展開し、ドナー獲得に奔走している……はずなのですが……
…………

骨髄バンクにドナー登録しようとした18歳の少女。意気揚々と登録に向かいますが、職員から


「500元寄付する意志はありますか?」


と言われ戸惑ってしまいます。

骨髄バンク職員曰く500元は「血液鑑定費」らしいのですが、この費用は本来


国庫負担


であることは言うまでもありません。

中国の500元は物価から換算すると日本円で3?4万円ぐらいでしょうか。いずれにせよ小さな数字ではありません。

もともと予算が足りないのか、お代官さまに横領されて金欠なのかはわかりませんが……

中国の骨髄移植事業の道のりは険しそうです……

参照元(中国語):
http://talk.163.com/05/1106/10/21SBTIAR00301IJH.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。