ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:ネット上で自分の給与明細を公開する人たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:ネット上で自分の給与明細を公開する人たち

なんか如何にも中国らしいなぁと感じたのがこのニュース。

ネット上で自分の給与明細を公開することが流行に(中国情報局)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0204&f=national_0204_001.shtml

日本では給料の多寡について尋ねない語らないのがマナーというか、不文律の規定となっていますが、中国ではもともと給料は結構オープンなネタです。誰がいくらもらっているか筒抜けになっている企業もあるくらいです。
こういった文化的背景に加え、現在の中国における収入格差の増大もこのような現象を生む原因になっている気もします。

中国では地域間、業種間、職種間、企業間における収入格差が非常に大きく、且つ職権に応じて経費として落とせる項目もどんどん増えていきます。

転職を厭わない人民性もあり、同業他社、他業界の収入がどれくらいなものなのか、自分が現在得いている収入が適正なものなのかどうかを計る物差しを欲するのも自然なことなのでしょう。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。