ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国広州:バイク禁止令とミニバン犯罪:次はミニバン禁止でしょうか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国広州:バイク禁止令とミニバン犯罪:次はミニバン禁止でしょうか。

中国でおそらく最も治安の悪い地区であろう広東省広州市。中国で最も発展した地区の一つですが、とにかく凶悪犯罪が多い多い。

引ったくりに抵抗したら手や腕を切り落とされたなんていう話は一つや二つではありません。白昼の下、繁華街でフツーに強盗を働く輩が徘徊する中国きっての魔都です。

以前日本でもバイクやスクーターで高齢者や女性の後ろから近づき、カバンやバックをひったくる犯罪が横行しましたが、広州でもこの手の犯罪が頻発、そこで広州市政府が取った対策がかの有名な
バイク禁止令


です。このあたりはさすが行政権の強い国、業界の反発とか、人民(バイク所持者)の財産権侵害とかいう話は問題にもなりませんでした。

ところが「上に政策あれば下に対策あり」の中国ですからこんなことで問題が解決する訳もありません。バイクがダメなら廉価なミニバンで、ということでミニバンを利用した引ったくりが発生するようになります。

悪いことに今度はミニバンですから積載空間が大きいのです。ではいっそのこと、と人ごとさらってしまい、ミニバンの中で金目のものを洗いざらい剥ぎ取ってしまう悪質なひったくり……というよりは追いはぎまで出現するようになりました。

被害者の大半は女性です。女性を人ごとミニバンでさらってしまうなら……強盗に止まらず強奸に及ぶ輩が出現するのも大方の推測どおり……

同じロジックで考えれば、今度は


ミニバン禁止


となるのでしょうが、お代官さまが如何様にお考えなのかは平民の私にはとてもとても……

手抜き技術は天下一品の中国のお役人さま方……その尻拭いは常に人民持ち……食っちゃ飲んだは人一倍のお役人さま方……そのお代は人民の血税から……


不満がたまらない方が不自然というものでしょう。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。