ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ゴルフの元祖は中国?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフの元祖は中国?


ゴルフの元祖は中国? 12世紀の「捶丸」

 【北京26日共同】中国ゴルフ協会と故宮博物院などの研究チームは26日、12世紀の北宋時代に中国でゴルフの原型に当たる球技「捶丸」が始まっていたと発表、文献などに基づいて復元した木製クラブやボールを公開した。

 捶丸は中国語で球を打つという意味。ゴルフの原型は14?15世紀にスコットランドで行われていた球技とされるが、異説もある。研究チームは元代の文献に、12世紀前半の北宋時代に捶丸が既に流行していたとの記述があり「捶丸がゴルフの元祖といえる」と主張している。
(後略)
(引用:共同通信)


偉大なる古代中華帝国史と屈辱の近代史との落差、これに共産思想の衰退と中華万歳的愛国主義教育が加わった結果として、現代中国人は一種の精神分裂状態に陥っています。

偉大なるご先祖様と問題山積でにっちもさっちもいかない現代中国。先進国への劣等感に苛まれつつも、折に触れご先祖様の栄光にすがって自尊心を満たす……それがたとえ現実逃避だとわかっていても……
そんな中でも中国人が好むのが「発祥の地」としての中国。特許、知的所有権に乏しい現代中国人の心をくすぐるのです。

数年前「サッカーは中国が発祥の地である」と謳い上げたことは記憶に新しいですが、今回はゴルフもいただきというところでしょうか。

もっとも、ネットには


「またかよ」

「今どれぐらいの人民がゴルフを楽しめるんだ」

「だからどうしたって言うんだ」

「こんなくだらない研究にカネを使うな」


という声も少なからずあります。いい加減食傷気味のようです。

民族病となりつつあるこの「精神疾患」。今後の中国にどのような影響を与えるのでしょうか……
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。