ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:毛沢東主席は金持ちだった?「遺産18億円」説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:毛沢東主席は金持ちだった?「遺産18億円」説


毛沢東主席は金持ちだった?「遺産18億円」説 2006/04/27(木) 12:29:59 [中国情報局]

  毛沢東・国家主席の財産に関して、26日付の香港メディアは「執筆料による収入が2001年5月の時点で累計1億3000万元(約18億5979万円)に達していた」などと伝えた。

  文化大革命初期の1967年10月に毛・主席自らが調べたところ、執筆関連による収入はすでに570万元あったという。また毛・主席のボディーガードを務め、中国共産党・中央委員会副主席にもなった汪東興氏が1976年12月に行った調査によると、原稿料は7582万元に達しており、大部分が「中国共産党中央中南海第一党小組」という名義で中国人民銀行本店の口座に預けられていた。毛・主席本人名義の口座は人民銀行中南海支店に開設されていて、常に80万?90万元の預金があった。

  毛・主席の妻だった江青氏は原稿料の一部を自分にも渡すよう5回も要求したが、「毛・主席という存在は中国共産党全体に属する」として拒否されたとされる。

  香港メディアは「毛・主席は至高の指導者だった。したがって労働報酬として払われる原稿料が最も高い金額となったのは当然のことだった」などと説明している。(後略)

(引用:中国情報局)


1976年の7582万元といったら天文的な数字です。まぁ毛的には「中国のモノは毛もモノ」なんでしょうから、この程度の資産はなんてこともないのかもしれませんが。

遺産といえば、年明けまもない1月の始めに周恩来の遺産についての報道がありましたね。
「残された遺産は5100元」 周恩来総理の没後30年(人民網日文版)


5100元……


中国現代史の二大巨人「毛」と「周」。これだけを取って見てもこのふたりの人間性というものが見えてくるような気がします……

それにしても……



「毛・主席は至高の指導者だった。したがって労働報酬として払われる原稿料が最も高い金額となったのは当然のことだった」


相変わらず論点を逸らすのがお好きなことで……
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。