ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:再び吼える伝説の男

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:再び吼える伝説の男

先日流れたニュース。久しぶりにこの男の名前を聞きました……

経済学者「北京五輪終わっても、バブルはじけない」(中国情報局)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1205&f=business_1205_019.shtml
北京大学光華管理学院(「学院」は日本の学部に相当)の院長●以寧(●はがんだれに「萬」)。中国最高学府のMBA課程を提供する光華管理学院のトップとして経済界に大きな影響力を持つこの男、中国のネット社会では知るものぞ知る「弱者の敵」なのです。


「改革の目標を達成するには一代を犠牲にする必要がある。この一代こそ3000万の労働者である。8億の農民とリストラ労働者は中国の財産だ、彼らの苦しみなくして少数者の享楽がありえようか。彼らの存在と現状維持は必要不可欠である。」


な?んてことを貧富格差と社会的不平等(制度的な機会の不平等)が槍玉に挙がっている中国社会の中で平然とのたまってしまうこの男。この他にも積極性を引き出すため「貧富格差をさらに広げろ」「社会保障はなくせ」と主張する等、自由主義経済思想の権化みたいな奴です。

胡錦涛が主導権を掌握した今は流れが完全に「調和社会」(格差是正)思想へと傾いているせいか、最近はおとなしかったんですけどねぇ。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。