ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国でトイレットペーパーにされる小泉前首相

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国でトイレットペーパーにされる小泉前首相

最近中国では有名人著名人等の名前を商標として流用することが流行っています。中国中央テレビの1チャンネルをコンドームの商品名として商標登記したり、歌手の名前をコンドームの商品名として商標登記したり、ちょっと前になりますが、クリントン前米大統領の名前をコンドームの商品名として商標登記したり……なぜかコンドームばかりですが……これ以外にもいろいろな商品の商標に有名な人/物の名前が流用されています。

そんな中国で登場したのが“暁泉依朗”トイレットペーパー。中国語の発音では「小泉一郎」と同じ発音になります。包装ではこれに“純木漿”(純パルプ)の「純」の字を絡めて、“暁泉純依朗”(小泉純一郎)として読めてしまうように設計されちゃっています。
※写真:東北新聞網[網易]
http://news.163.com/06/1207/06/31NJ042U00011229.html

この小泉トイレットペーパーに対する市民の反応はマチマチのようで、「覚えやすい」という声がある一方で「けなし言葉だ」という声も上がっています。

早速ニュースとして取り上げられ、ネットにも書き込みが殺到。なにせ中国では小泉前首相は大悪人ですから。原因は言わずと知れた靖国参拝。小泉前首相は中国人民の敵なのです。

その小泉前首相の名前を借りた「ケツ拭き紙」ということで中国反日愛国ネチズンは大喜び(笑)。「通信販売してくれ。」なんて声も上がっています……

ちなみに売れ行きは好調のようです。まぁメディアが勝手に宣伝してくれますからね。商売上手といえば商売上手ですが、一発モノで終わってしまうような気もします……
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。