ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:「分断する社会」:教育に見る偽善と本音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:「分断する社会」:教育に見る偽善と本音

ちょっと大げさなタイトルですが、中国社会の一端を垣間見るような出来事だったので大きくいかせていただきました(笑)。

話そのものは小さな出来事です。農民工(農村から出稼ぎに出てきている労働者)の子供と都市住民の子供が同じ教室で勉強することに都市住民の父兄が反対し、当地の教育局がその意見に従って農民工の子息だけを集めたクラスを編成したという話です。

曰く
「農民工の子供の悪習がクラスに悪影響を与える」

とかなんとか。

都市住民に根強い農民差別意識。普段は「農民工兄弟」等々キレイ事でいっぱいですが、いざとなるとやはりにじみ出てくるものですね。それはそのままお役人さまにも言える訳ですが……

都市建設者の美名を与えられながらもその実は制度的差別に苦しめられ、おまけに都市住民から蔑視される農民工たち。

同じ国に生を受けたのに農村出身だというだけで搾取され、差別される農民。都市の繁栄が農民の犠牲によって成り立っていることを無視する都市住民。

ついでに食べることしか能がない役人……

「協調社会」建設の道のりは遠そうです……

参照元(中国語):
http://talk.163.com/06/0525/10/2HV8V23V00301JUB.html
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。