ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:戌年:贈られる犬・捨てられる犬・薬物漬けの犬・盗まれる犬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:戌年:贈られる犬・捨てられる犬・薬物漬けの犬・盗まれる犬

今日は中国の春節(旧正月)、戌年が正式にスタートします。

何事も縁起を担ぐのが好きな中国人ですが、戌年ということで「犬」が大人気、折からのペットブームもあり犬を飼うのが流行しているようです。
「犬」の鳴き声は中国語で「汪」(ワン)と書きますが、これが「旺」(「盛ん」の意)と同じ発音になるので、商売繁盛を祈願する商人が競って犬を飼ったり、贈り物として犬を贈ったりしているようですが……



一方でペットを飼ってから数週間も経つと、飼育の大変さから、道端に動物を捨てしまう人もかなり多く、そのような現象は春節が終わってから最もよくみられるという。

捨てられたペットの保護や里親探しなどの活動をしている動物愛護団体のキャロル・ウォルフソンさんはロイターに対し「ペットショップの動物は、可愛く見せるために抗生物質づけにされているため数週間もすると死んでしまうし、飽きたら道端に捨ててしまう飼い主も多い」と述べ、問題点を指摘した。(引用:ロイター通信



抗生物質漬け


ですか……

一方で「犬」泥棒も増えているようで、「行方不明の犬探しポスター」がいたるところに貼られていたり、

「(犬の散歩していたとき)振り返ったら(自分の飼い)犬がいなくなっていた。」
(※注:中国では鎖を付けずに犬の散歩をする飼い主が多い)


という女性の話まであります。


一昔前の日本なら宇宙人に拉致された云々という騒ぎになりそうな気も。


参照元(中国語):
www.huash.com/gb/hscb/2006-01/25/content_2545927.htm
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。