ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  NECを会社丸ごと「偽造」、中国で発覚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NECを会社丸ごと「偽造」、中国で発覚


NECを会社丸ごと「偽造」、中国で発覚

 NECのブランド製品だけにとどまらず、NECという会社組織を丸ごと偽造していた集団がこのほど発覚し、業界関係者を仰天させている。同集団は「NEC」として活動し、中国本土、台湾、香港などで50カ所以上の製品工場ネットワークを築き上げていたようだ。【香港編集部・西原哲也】

 1日付米紙ニューヨーク・タイムズや蘋果日報によると、NECは2004年半ばころ、同社製を装った偽物キーボードやCDなどが北京や香港の小売店で販売されているとの情報を入手。依頼した調査会社インターナショナル・リスク(IR)が長期にわたり調査し、中国と台湾の18カ所の工場や倉庫を突き止めた結果、偽造は同社製品だけでなく会社組織そのものに及んでいたことがこのほど判明したという。ただしこの偽造集団の身元などについては法的問題も絡むため、明らかにされていない。

 各報道によると、偽造集団は中国本土、台湾、香港で50カ所以上の製品工場ネットワークを構築し、家庭用オーディオ機器やビデオ、DVDプレーヤー、 MP3まで複数のNEC製品を偽造していた。また製造や販売だけでなく、調達業務などまで組織的に「NEC」として活動。製品は比較的「良質」だったが製品保証はしなかったため、正規のNEC側が偽物商品についての苦情まで受けていたという。
(後略)
(引用:NNA)


「偽造大国」の名をほしいままにしている中国ですが、ここまでくると「驚き」を通り越して呆れる他ありませんね。
先日中国の海賊版市場のレポートが流れたばかりですが、

「地下工場きりなし」 中国の海賊版市場、実態を追う(Sankei Web)

このNECパクリ事件は桁が違いすぎます。

会社まで丸ごと偽造してしまうんですから、その大胆なパクリぶりにはもはや敬意を表するしかありません(笑)。

それはさておき、パクッた「NEC」ブランドで大規模な製造工場のネットワークまで作り上げることができてしまうのはいかにも中国です。「コネ(人間関係)」さえあれば後は舌先三寸でビジネスが進んでしまう中華的ビジネス環境なしではこんな派手なパクリはできませんから。

「国を盗めば英雄」となる国、中国。企業ごとパクってしまえばやはり英雄となってしまうのでしょうか……
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。