ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  中国:ソニー「TV不具合」人民日報がデジカメと重ねる報道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:ソニー「TV不具合」人民日報がデジカメと重ねる報道

ソニー「TV不具合」人民日報がデジカメと重ねる報道(中国情報局)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0213&f=business_0213_012.shtml

 ソニーは9日、一部の液晶プロジェクションテレビで、「ソフトウェアの不具合により、電源のオン・オフができない症状がある」などと発表した。索尼(中国)有限公司(ソニー中国)も、同日付で公式サイトに声明を掲載した。13日付の人民日報(電子版)は他紙を転載する形で、「再び品質に欠陥、問題があるとされたソニーのテレビが販売店から撤去された」との見出しで報じた。
(中略)
 中国メディアは、不具合の内容や修理の手続きなどを説明した後で、「ソニーは、デジタルカメラの品質をめぐり問題が持ち上がったばかりだが、テレビでも難関に差し掛かった」などと伝えている。



デジカメ騒動が記憶に新しい(※参照:「中国:ソニーのデジカメ品質問題で販売停止」中国紙:経済センサス虚偽報告:ソニーを「筆頭扱い」ソニーですが、今度はテレビに問題が発生した(する?)ということで、公式サイトで声明を発表したそうです。
今回は自発的な発表ということで、デジカメ事件の際のような陰謀説(笑)が取り立たされることはないでしょうね。

それはさておき、
人民日報Web版によると、使用時間が1200時間を越えると電源のスイッチに不具合が発生するということなので、いわゆる「ソニー・タイマー」の設定ミスが原因ということでしょうか(笑)。

明るい話が聞かれなくなったソニー。日本ブランドの象徴的存在でもありますから、何とか建て直していただきたいものです。

私もウォークマンやテープレコーダーの故障にもめげずVAIO使ってます。頑張ってください。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。