ホーム   »  2006年09月
Archive | 2006年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察を引き連れて夫の浮気現場を押さえにかかる女

中国人女性の武勇伝(笑)はこれまで何度も紹介してきましたが、これもその一つでしょうか。
続きを読む
スポンサーサイト

裸で盗みを働く男

コソドロと言えば帽子にマスク、目隠しに風呂敷包みと(日本では)相場が決まっていますが、こちら大陸では裸で盗みを働く人がいるそうです。

なぜなのか。実は理由は簡単。曰く
続きを読む

硬貨をばら撒く社長

「試用期間中の働きが悪かった」と4ヶ月分の給料の支払いを渋った挙句、職員個人のパソコンも没収してしまった社長。役所が介入しパソコンの返還と未払い給料の支払いに応じますが、2520元の未払い給料をすべて
続きを読む

乳首を失くした女

中国では偽医者(※注:ヤブ医者ではなく純粋にニセモノの医者)による医療事故が後を絶ちません。この女性もその被害者。
続きを読む

銅像のフリをするコソドロ

昔のコントに警察に追われたコソドロが銅像やマネキンのフリをするようなものがありましたが、そのノンフィクション版(笑)です。
続きを読む

中国:孤児院:男の子の姓は「国」、女の子の姓は「党」

大連の孤児院で30年引き継がれてきた「創姓」制度。男の子の姓は一律で「国」、女の子は「党」。曰く「政府の子供たちに対する配慮と愛情を体現するため」なんだそうです……
続きを読む

夫の「いちもつ」を切り取って下水道に捨てる女

遊び人の夫に性病をうつされた妻がキレて熟睡中の夫の目を刃物で潰し、とどめにイチモツを切り取って下水道に捨ててしまったそうです!Σ( ̄□ ̄;)
続きを読む

義理の母の頭に尿をかけ、実の母を強姦しようとして殺された男

どこの国にも変態はいるものですが、13億(+α)の人口を誇る中国では人口の基数が多いためか変態的犯罪の話をよく耳にします。
続きを読む

ノルマは一日100元。障害児に物乞いをさせる「社長」

物乞いが多い中国。特に目に付くのが「障害者」と「子供」。このような視覚的にわかりやすい弱者の方が同情を集めやすいこともあり、物乞い界の主力として「活躍」しています。

中でも「4番サード」なのが障害児。「障害」+「子供」のコラボレーションは他を寄せ付けない競争力を持っているのです。
続きを読む

中国人女性がキツイ(リーハイ)理由

 中国人女性はキツイ(中国語では「リーハイ」)とよく言われます。日本のスケベオヤジ殿方がサントリーウーロン茶のCMに出てくる中国人女性をイメージして中国に行くと開けてビックリ!なんてこともあるみたいです(笑)。

 中国で生活したことのある方だったら街頭で怒鳴り合いをする女性の姿を目にしたことがあると思います。日本人的にはかなりショックな光景です。特に年配の女性同士でやり合う場面は(見た目も含めて)かなり迫力があります。その迫力はいわゆる日本のオバタリアン(死語?)の比ではなく、まさに「中国人女性の真骨頂ここに極まれり」と言っても過言ではない観があります。

 ここでふと疑問に思うのが、中国は儒教文化圏であり、長く(現在も?)男尊女卑の伝統が続いた国であるということ。そう、本来なら女性がこんなにキツイはずはないのです。そこで、なぜ現代中国人女性がここまでキツイ(リーハイ)なのか即興ながら考察してみました。
続きを読む

中国:9年間で1万人の警官が職務停止処分

「活土匪」の異名を持つ、公安局で働く皆様。ここ9年間で10034名の警官が職務停止処分を食らったそうです。
続きを読む

生徒に花を買わせる校長

とかく面子にこだわる中国人。まぁ面子にこだわるのは個人の勝手ですが、そのしわ寄せが弱者へと転嫁されるのがチャイナな国のお国柄だったりします。

で、安徽省のある小学校。とある専門家が学校を訪問することになったのですが、校舎校庭は経費不足でボロボロ。これではみっともない、と悩んだ校長が編み出した奇策は……
続きを読む

村民たちに借金で豪邸を建設させる役所

出世が一番なのはどこの世界も同じなんでしょうが、その基準が何かおかしいのが中国の官僚世界。幹部が出世のために競った「政治的実績」には笑うに笑えないネタが少なくありません。この話もその一つ。
続きを読む

中国人女性と日本人女性、どちらが綺麗?

 最近あまり聞かれなくなりましたが(ただ単に中国人に成りすましているからかもしれませんが)、一昔前は中国人からよく「日本の女と中国の女ではどちらが綺麗か」と聞かれたものです。

 そこで、この命題について自分の考えを整理することも兼ねて、この件に関する私の意見をまとめてみたいと思います。

 ※注1:美醜観は人それぞれですからここで述べる意見はあくまで私の主観です。
 ※注2:ここで対象とするのは外見に限定します。
 ※注3:外見を云々することが嫌いな方はこのまま閉じてください。

 この命題を論ずるにあたって最大の障害となるのが「美醜観」です。できる限り客観的な視点で考えていきたいと思いますが、男性と女性では見るところが違うでしょうし、同性であっても個々人でそれぞれ相当な格差があるため、私の意見に納得できないという方も少なくないと思いますが、それは覚悟の上で話を進めていきます。

 なお、ここで比較対象とする中国人女性については人口の大多数を占める漢族に限定します。少数民族は比較対象としませんのでその旨ご了承ください。
続きを読む

質に入る政府の借用証書

とかく「メシ」(中国人の生命線)「大規模土木プロジェクト」(金のなる木)が大好きな中国のお代官様たち。その羽振りのよさは今も昔も変わりません。

もちろん大盤振る舞いするにはそれ相応の収入が必要になりますが、豊かな地域ばかりではないのは言うまでもありません。で、貧しい地域の政府はどうするのか、となるのですが、そこは中国。その強大な行政権に物を言わせ、男らしく……
続きを読む

街頭の賭博場

建前はギャンブル全面禁止ですが、そこはギャンブル好きな中国人民、地下賭博場はそこらじゅうに点在しています。まぁ賭博場の背後には公安や軍がついている場合も多いんですけどね。
続きを読む

中国四川省:37000人の「タダめし」食いたち

中国の腐敗の根は深く、且つ広いのが特徴です。基本的に黒一色(シンボルカラーは赤ですが)と考えても差し支えはありません。
続きを読む
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。